飲酒運転による交通事故

交通事故というのは千差万別で、全く同じケースはほとんどありません。
似たような事故であっても双方で出しているスピードが違っていたり、状況が違っていたりします。

もちろん車の車種なども違っているですが、どのような交通事故であっても被害者と加害者がいますので加害者としては、被害者に対しての保証問題をしっかりと遂行しなければならないことが知られています。
万が一にでも加害者が責任問題を放棄してしまうことがあれば、最悪は裁判になり、責任問題を問われることになります。
一般的な交通事故の場合には上記の通り加害者と被害者の中で過失割合を考えていくということになるのですが、どんなに被害者だと思われるような事故であっても加害者になってしまう事故があります。
それは飲酒による交通事故となっています。

 

飲酒をしているだけで加害者そして犯罪者になる

お酒を飲んだ状態で運転をしていて、完全に後ろの車から追突されたといった場合には、加害者になることはありませんが、そうでなかった場合には、多くの場合で…というよりもむしろほとんどのケースで飲酒状態でのドライバーが加害者となります。
そもそもお酒を飲んで車に乗ること自体が法律で禁止されていますので、危険運転とわかっめいながら車に乗るというのは、不法行為にあたります。

またこのように、ドライバーがお酒を飲んでいるとわかっていながら、その車に一緒に乗っている人に関しても共同不法行為責任というものが発生するため、被害者に対しての責任を負わなくてはなりません。
どんなにスピードを出していなかったと主張しても、しっかりと確認をしていたと主張しても通用するものではなく、間違いなく加害者になってしまうことを覚えていた方が良いでしょう。
お酒を飲んでいながら自分自身では全然酔っていなかったなどと言っても全く通用しないので、飲酒運転そのものが犯罪になることをしっかり意識しなくてはなりません。

また、お酒を飲んだあと1時間から2時間程度寝たから大丈夫だと運転してしまう人がいますが、これだけでは十分に体の中からアルコールがなくなっていませんから、これもやはり飲酒運転と同じになってしまいます。

任意保険に加入していても保険は使えない

飲酒運転をしていて加害者になってしまった場合、保険に加入しているから大丈夫だと思ってしまう人がいるかもしれません。
しかし任意保険というのはあくまでも最低限の決まりを守った上で運転している中で、交通事故を起こしてしまった際に適用されるものですから、犯罪となってしまう飲酒運転に関しては一切適用されませんので、被害者に対しての保証に関してはすべて自腹を切らなくてはなりません。

前述の通り飲酒運転そのものが法律違反ですから、このような法律違反に対して保険会社が保証しなければならないという理由はひとつもありません。
またこのような内容で、加害者となってしまえば自分が加入している保険会社からのイメージは悪くなってしまい、実際に自分自身が今後被害者になることがあってもあまり熱心に対応してくれないなどといったこともあります。
飲酒運転による交通事故というのは隠し通すことができなくなってしまい、当然ながら会社を解雇されてしまうような理由にもなってしまいますので、絶対にしてはならないものだと思っておきましょう。

どんな理由であっても、お酒を飲んだら車の運転をしないということを自分の中にしっかりと意識して生活をしていかなくてはなりません。
近場だから大丈夫といった思いや、酔っていないから大丈夫といった思いは捨てるようにしましょう。